pagetop

中学受験で結果を残せるのは気持ちが強い子供

中学受験を目指す子供はたいてい元から勉強ができるケースが多いと思います。そういった子は学校の中では成績がかなり良くて、上位にいるということもありますが、それはあくまでも学校の中の話であり、塾の中とか、または中学受験の模試を受けている人たちの中に飛び込むと、一気に上位から真ん中、または下位になってしまうというケースもあります。

そういうプライドを傷つけるような出来事に多くは遭遇します。そして、そこで気持ちが折れてしまうと、せっかく素質はあるのに中学受験が上手くいかないということになってしまいがちなので、それはもったいないと言えるのです。
つまり、素質があっても、気持ちが弱いと結果はついてこないということになりますから、そこは親の役割でもあります。

仮にそういう挫折を経験しても、そこからしっかりと強い気持ちでまた勉強に向かえるようにサポートをしていく必要があるのです。それができれば、挫折を乗り越えることができれば、今まで以上に気持ちが強くなって、より一層やる気を出して勉強ができる可能性もありますから、結果成功する確率が上がるのです。

中学受験では、こういった挫折はよくあることですけど、そこから歯を食いしばって頑張れるか?気持ちが折れるか?で大分結果が変わるということは知っておきましょう。そして、それには親の役割も重大だということは認識しておかないといけません。

ページの先頭へ戻る